FC2ブログ

会計事務所のM&Aとは

M&Aの意味

M&A とは Mergers (合併) & Acquisitions (買収) の略です。M&A は、企業の合併買収のことで、2 つ以上の会社が 1 つに合併したり、他の会社を買ったりすること(買収)です。M&A の広義の意味としては、提携までを含める場合もあります。実際の会計事務所の M&A では、所長先生のご意向、引受け側(譲受側)の希望、会計事務所の規模、地域、クライアントの状況、事務所の賃貸借契約関係、設備機器のリース契約などを総合的に考慮して、ベストな方法とタイミングを提案します。大きく分けて、①事務所統合型、②税理士法人の支店型、③税理士派遣型に分かれます。

M&Aが求められる背景

大阪の会計事務所の M&A が特に注目されたのはバブル崩壊後、不良債権処理や企業再編の必要に迫られた大企業の動きによるものでした。外資系ファンドや投資銀行の国内進出が、当時は大きな話題となったことを覚えている方もいるでしょう。

Special Thanks

M&Aの目的とは?

M&Aを行う目的とはどのようなものがあるのか、ここで確認しておきましょう。 M&Aを行う目的としては、主に以下のようなものがあります。 新事業への進出 経営再建 会計事務所事業承継 M&Aを行う多くの企業は、これら3つのいずれかを目的としているのです。それでは、それぞれについて順番に確認していきましょう。

⑴新事業への進出
M&Aにおいて買い手で多い動機が、新事業への進出です。 通常、ゼロから新事業を立ち上げるとなると、相応のコストと時間がかかります。 しかし、M&Aであれば、新事業と同じ事業分野の既存の会社を直接買収することで、設備や人員、顧客などを引き継ぐことができるのです。 それによって、新事業を立ち上げる際にかかる負担を大きく減らすことができます。 「M&Aとはどのようなものかニュースくらいでしか知らない」という経営者の方は、大企業が新事業に取り組むために異分野の中小企業を買収する事例を思い浮かべることも多いでしょう。

⑵経営再建
M&Aで経営再建を目指す会社も多くあります。 とりわけ中小企業は資金や規模の都合上、経営が行き詰まると立て直せなくなるケースが少なくありません。 しかしM&Aで大企業に買収されれば資金面での助けを得られやすくなり、大企業のノウハウを得られるようになります。 大企業のバックアップを得られるようになれば、経営再建も進むようになるでしょう。 売り手にとって業績不振や赤字であることは、M&Aにおいて不利になるようなイメージがありますが、実際はそうではありません。 将来性がきちんとある会社であれば、業績不振や赤字であっても買収されるケースは多いです。 実際に買い手の中には、業績不振になっている会社を率先して買収していることもあります。 もちろんM&Aをきっかけに経営再建を成功させたケースも珍しくありません。

⑶会計事務所事業承継
中小企業を中心に、近年は事業承継もM&Aの目的です。 中小企業は経営者が高齢化しているうえに、経営を引き継ぐ後継者不在の会社が増えています。 このような会社は経営者の引退と同時に廃業してしまうケースが多いです。 しかしM&Aによって、第三者に会社を託すことができれば、会社を存続させられるようになるでしょう。 M&Aとは単なる経営戦略というだけではなく、事業の引き継ぎも目的となり得るのです。 以上、M&Aとはどのような意味なのかや、M&Aを行う目的を見てきました。 実際にM&Aをやってみたいとお考えの方も多いはずです。


トライク検索エンジン

日本全国の著名なショップからトライクを横断的に検索します。
Loading

Mei

http://mei-jp.com/

神奈川県藤沢市の小型トライク専門店Mei。250cc以下のスクータータイプを中心に楽しい3輪バイクを各種取り揃えております。

ユアーズ

http://www.trike1.jp/

「トライク」のメーカー。全国販売代理店の募集、キャンペーン情報、お問合せ等。トライク販売はユアーズへ。

ビッグブリッジ

http://www.trike-3b.jp/

純国産トライク・メーカー公式サイト。TRIKE 3B プロジェクトが放つ世界初ジュラルミン削り出し・アルマイト加工のハイクオリティー・トライク。

TRIKE JAPAN MAEBASHI

http://www.trike-j.com/

三輪バイク「トライク」の販売店です。リッター級のモンスターバイクを三輪に改造した、ヘルメット着用義務がないバイクを販売しております。

ゴードン

http://gordon.co.jp/

トライク「三輪バイク」を創造から製造まで手掛けるプロの職人集団です。

トライクジャパン

http://www.trike-japan.co.jp/

三輪バイク「トライク」メーカー・トライクジャパン公式サイト。製品ラインナップ、キャンペーン情報、会社情報、お問合せ窓口等。

トライクについて

 トライクとは、オートバイをベースに三輪へ改造した乗り物です。 トライクの原形となる物は、アメリカのハーレー社から販売されていたサビカー(アメリカでアイス等を販売する車輌)が最初と言われています。 5~10年程前までは、輸入された海外製品が主流でした。 日本でもようやく認知度が上がりつつありますが、アメリカでは、このトライクがクルマやオートバイと同じように、ごく当たり前に乗られています。 日常の移動手段として使われる方や、カスタム車としてドレスアップを楽しむ方、また事故や障害などで足が不自由になりオートバイには乗れず、足を着かなくても転倒する事がないトライクに乗っている方など々、トライクに乗車するきっかけや目的は様々です。

普通免許で走行可能

 トライクは、普通自動車免許で走行が可能です。大型自動二輪未経験の方でも30分?1時間練習すれば運転できるようになります。 自動二輪免許を取得されていない方、昔取得していたが何らかの理由で無くなってしまった方も、安心してご乗車いただけます。

ヘルメットの着用義務なし

 トライクには、ヘルメットの着用義務がありません。 走行中の体感速度と風を斬る爽快感をお楽しみいただけます。

高速道路で2人乗りも可能

 一般道はもちろん、高速道路走行での2人乗りが可能です。カップルやご夫婦でドライブをお楽しみ下さい。 ただし、高速走行での料金は「オートバイ扱い」です。
※高速道路走行については、125cc以上のトライクになります。

車検が不要

 当社のトライクは、車検も必要ありません。 その為、車検時に掛かる重量税などの心配もしなくて済みます。
※250cc以上のトライクに関しては、車検が必要となります。